menu
分散型Webアプリケーションファイアウォールでアプリケーションをセキュアに
Pulse Virtual Web Application Firewallは、既製のソリューションやカスタムアプリケーションを保護するための、拡張性に富んだセキュリティプラットフォームです。
  • 大規模なスケーラビリティ
    グローバルアプリケーションを保護するための動的拡張と、ハイブリッドクラウドプラットフォームにおけるクラスタリングを実現
    プラットフォーム間のポータビリティ
    クラウド環境、仮想環境、ソフトウェア間などで、さまざまな分散セキュリティポリシーを展開
    迅速な対応
    仮想パッチをグローバルアプリケーションに適用し、アプリケーションの脆弱性を迅速に解消
    デュアルモードの検出と保護
    「検出および保護」のデュアルモードでポリシーの精度を高め、誤検出を最小限に抑制
  • 自動学習による管理
    適応型学習機能により、セキュリティ担当はポリシーを容易に管理
    権限委任による管理
    特定ドメインの管理をアプリケーション担当に権限委譲し、アプリケーションごとのセキュアなアクセスを実現
    PCI DSS準拠
    PCI監査機能により、ベースラインとアプリケーション固有のポリシーを評価し、コンプライアンス対応を支援
    SIEMインテグレーション
    ビジネスプロセスをサポートするため、セキュリティワークフローとSIEMツールセットに接続
先進的な組織は、なぜアプリケーションのパフォーマンスを最大限に引き出せるのか
新しい調査により、遅いアプリケーションがビジネスパフォーマンスにどのような影響を与えるのか明らかになりました。
ダウンロードする